【少ない物で暮らしたい】ミニマリスト生活を叶えた方法!環境を変えよう

インテリア

最近すっかり定着した「ミニマリスト」という言葉。必要最低限の物でスッキリと暮らす生活に強い憧れはあるけれど、あんな生活は夢のまた夢…

そうやってつい諦めモードになってしまい、困っていませんか?

片付けが苦手な人からすれば、ミニマリスト生活はあまりにもハードルが高すぎて、いまいち現実味がありませんよね。。

しかもそれを一から一人で叶えるなんてあまりに難しすぎる。。

私も悩みました。

ですが、この悩みを実は考え方ひとつで解決できる方法があるんです!

私が解決した方法をこちらでお伝えしてきますね。

宿泊施設でミニマリスト生活を疑似体験する

自分にとっての必要最低限の物

私は30代に入り、主に仕事のストレスなどが原因で体調を崩してしまい、実家暮らしに戻ることになりました。

金銭面ではとても助かりましたが、完全に自分のペースが出来上がっているこの年での両親との共同生活は想像以上にハードなものでした。

体調にも波があるので毎日一緒に同じ時間に食事をすることすらハードルが高く、ストレスに感じてしまい、さらに体調が悪化するという負のループに…

かといってまた一人暮らしに戻る勇気や気力もなく、どうしても家が無理な時には高速バスで学生の頃に住んでいた馴染みのある東京へ出かけ、ホステルやネットカフェなどに何泊かして大好きな雑貨屋巡りをして気分転換をすることにしたのです。

すると完全に自分のペースに戻ることができ、一人暮らしの頃のように誰の目も時間も気にすることなく、好きな事に没頭できたことで溜め込んでいたストレスや疲れが癒され、気持ちもリセットできるように。

両親と一旦距離を置くことで程よい距離感がつかめるようになったり、見えていなかった良い部分に改めて気づけたりと、新たな嬉しい変化もかなりありました。

それにしても移動距離はなんと約3時間。。出発前は忘れ物をしないようにと毎回持ち物を書き出して念入りに準備をしていましたが、初めはあれもこれもとついつい荷物が多くなってしまい、長い移動時間中、それはそれは大変でした。

そしてそんな大変な思いをしたのに実際に使わない物もけっこうあってがっかり…という悔しい思いも。

ですがそこから学習し、回数を重ねる度に自分にとって必要最低限の物が徐々にわかるようになっていきました。

本やブログなどで学びつつ、さらにこういった実践も同時に行っていくことでミニマリスト生活を実現するスピードもグンと速くなると思うので、時間がある時にぜひ試して頂きたいなと思います!

※ちなみに私が宿泊場所を探すのによく使っていたのはBooking.comというサイト。
アプリもあるのでとっても便利!

ミニマリスト生活の快適さをリアル体験

実際に泊まってみると実感するのですが、物が少ないと本当に快適なんですよね。ベッド、テーブル、イス、小さい洋服棚、壁に飾られた絵。

目からの情報が減ると同時にストレスも減るんです。もちろん探し物ともおさらば!

そして物が少ないと必然的に「何かを選ぶこと」が減るので、頭もすごく楽なんですよね。それだけ何かを選択するというのはものすごいパワーを使うということ。。

私のように独身で自分の時間を多く持てる方は、たまにこうやって宿泊施設でリアルミニマリスト生活を体験すると、楽しみながら気づきが得られるので本当におすすめです。

ちなみに私がよく利用していた宿泊施設はこちら♪
バックパッカーにも大人気のホステル
女性専用エリアもある安心のネットカフェ
古き良き街並みが大人気の佐原市のホステル

ミニマリストの人達と繋がろう

人は周りの環境や関わる人に影響される

私は昔から心理学が大好きなのですが、「人は周りの環境や関わる人に影響される生き物=良くも悪くも似る」と言われています。

私はあるミニマリストさんのお気に入りのブログをとにかく毎日のように見ていたのですが、まさにその通り!その人の考え方や価値観、暮らしの工夫など、自然と良い影響をたくさん受けました。

今はSNSで簡単にミニマリストの人とも繋がれるので、コメントで会話をしてみたり、もし直接話しかける勇気がない時はブログやYouTubeなどを見るだけでもすごく良い影響をもらえると思います。

今の自分が無理なくできる事を真似る

人は、「こうなりたい!」という気持ちが強いほど、ついハードルを高くして頑張りすぎてしまうもの。私もまさにそのタイプでした。

ましてアラフォーともなれば、長年沁みついた生活スタイルやパターンもあり、それらを一気に変えるなんてよく考えたら簡単な事ではないんですよね(^^;

そしてどんなすごいミニマリストさんであっても、いきなり今のスーパースキルを一気に身につけたわけではなく、一歩一歩の積み重ねで今の暮らしを実現できたのだと思います。

それに気付いてから肩の力が抜けて楽になり、「今の自分が無理なく出来ること」を真似ていけるようになりました。

ハードルは低めの方が達成感を得られやすいので、ついついハードルを上げすぎてしまう人はこの視点を持つことですごく楽になれると思います♪

わりと数が少なめなカテゴリーから見直すと、気持ち的にも楽かなと思います♪。ちなみに私は「靴」からスタートしました。

自分と同じような悩みを持つ人と繋がろう

同じ仲間がいると人は頑張れる

何かを変えるには、もちろんある程度は時間もかかるので時には悩んで落ち込んだり、やる気がわかない時もありますよね。私はそういう時にミニマリストさんと自分を比べてしまい、心が辛くなってしまうことがあったんです。

そして「この心のモヤモヤを一人でも分かち合える人がいたら、きっと心強いだろうな…」。そう思い、ネットで同じような仲間を探してみました。

意外にも自分と同じように片付けが上手くできなくて悩んでいる人や、ミニマリスト生活を実現する為に頑張っている人がけっこういたのです。

その人達のブログやSNSを見て「悩んでいるのは自分一人だけじゃないんだ」と思えるようになり、とても励みになりました。

情報交換ができる

悩んでいる時は視野も狭くなるし、行き詰ってしまいますよね。そんな時、私は同じ仲間からの情報にすごく助けられました。

同じ目線だからこそ「なるほど、そういうやり方もあるんだな、今度はその方法で試してみよう!」と参考になることも多いんですよね。

子どもの頃とは違って大人になると長く付き合える友達を作るのってなかなか難しいですが、同じ悩みを分かち合うことで絆も深まるので、もしかしたら一生の友になれるかもしれません(^^♪ 

一人で頑張る元気がなくて今落ち込んでいる人は、まず支えになる仲間探しから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

宿泊施設でミニマリスト生活を疑似体験する

  1. 自分とって必要最低限の物
  2. ミニマリスト生活の快適さをリアル体験

ミニマリストの人と繋がろう

  1. 人は周りの環境や関わる人に影響される
  2. 今の自分が無理なくできる事を真似る

自分と同じような悩みを持つ人と繋がろう

  1. 同じ仲間がいると人は頑張れる
  2. 情報交換ができる

私自身の経験からなのですが、物を減らすことだけが目標になってしまうと、「ミニマリスト=ストイック」になりかねないので(^^;、

「自分自身の快適さ・心地よさ」を軸にして、楽しみながら取り組んでいかれるのが良いと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました